• あらゆる交通事故慰謝料算出のベースとなる自賠責保険

    • 交通事故の際に問題となってくるのは慰謝料ですが、その額は自賠責保険で払うのか任意保険で払うのかによって変わってきます。

      大阪の債務整理情報を利用してみませんか?

      しかし、任意保険での慰謝料も自賠責保険料における計算方法を参考にして算出されるので、まずは任意保険について理解する必要があります。


      自賠責保険はその正式名称を自動車損害賠償責任保険と言い、車両を所有するすべての者が強制的に加入させられる保険です。


      その目的は、交通事故の被害者に対して治療費などに必要であろう最低限の金額を迅速に手渡せるようにするためであり、そのため、物損については補償対象外になっています。つまり、スピードこそが要であり、十分な補償をすることを目的にはしていないために、その金額は被害者側が求める額とは大きな乖離があるのです。

      相続放棄の手続きに関しての情報が閲覧できます。

      自賠責保険の場合、怪我で入通院を行った場合で120万円、後遺症がある場合は4000万円、死亡事故の場合は3000万円と上限が定められています。

      大阪の自己破産について考察してみましょう。

      そして、実際の慰謝料はその限度額を超えない範囲で算出されているわけです。
      まず、入通院の場合は「交通事故に遭った日から医療機関での治療が終了するまでの日数」と「入通院に要した実日数の2倍の数値」の内で数が少ない方を選びます。

      http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/gakkai/calendar/if907107.html

      その数に4200円を掛けた数値が入通院に関する慰謝料となるわけです。

      一方、後遺症に関してはその度合いによって1級から14級に分けられ、ランクによって慰謝料の金額が決まります。

      http://store-tsutaya.tsite.jp/item/rental_dvd/081287424.html

      ちなみに、1級は3000万円で14級は75万円です。

      http://getnews.jp/archives/1529098情報を厳選して紹介します。

      ただし、要介護の場合は1級で4000万円となります。

  • 関連リンク