FXのメリットとデメリット

FXという言葉を聞いたことがあるという方は多いかもしれませんが、実際にFXをおこなったことがあるという方は、まだまだ少ないかもしれません。


まず、そもそもFXとはなんなのか、ということについてですが、これは外国為替証拠金取引のことで、つまり、わかりやすく言うと、たとえばドル円を100円のときに買ったとして、101円になったときに売れば、1円の利益が出ることになるわけですが、たった1円の金額ではなく、もっと大きな金額の利益を出したいと考えた場合、レバレッジというものを利用して、利益を出すのが一般的な取引手法になっています。



では、この外国為替証拠金取引、通称FXのメリットとデメリットについていくつか話しますと、メリットは、実際に持っているお金が少ない場合でも、レバレッジを使って大きな利益を出せる場合がありますので、資金効率がよい、とい点です。

goo ニュース関連情報を紹介しています。

この場合、証拠金として、取引しようとする購入金額の4パーセントが必要になってきますので、たとえば10万円持っているとして、1ドル100円のときに1万枚のドル円を買おうとする場合、本来であれば100万円必要ですが、証拠金として4万円さえ用意すれば、1万円分のドル円を買うことができるわけです。


デメリットとしては、相場が買った方向よりも逆に行った場合、つまり買った値よりも下がった場合、含み損になります。



そして含み損がある程度ひろがると強制的に損切りされるので注意が必要です。