• 相続の割合は弁護士を通して決めなくても良い

    • 遺産の割合は、わざわざ弁護士を通して決める必要はありません。

      遺産を相続するときは、最低限の遺産を継承できるように事前に弁護士と話し合いをして結論を出しておくことが賢明です。



      こうしておくことによって、実際に自身に遺産の取り分がなくなってしまったときに困ることは無くなります。遺産の取り分に関しては、一般的に法定割合によって決められます。



      法定割合と言うのは、法律によって相続権者の相続の割合があらかじめ決められている割合のことを言います。

      例えば、亡くなった人が相続人の配偶者であった場合には遺された片方の配偶者は遺産の約半分を継承することが出来ます。

      そして、その子供はそのさらに半分を継承するという具合に最初から法律によって決定されているのです。



      そのため、非相続人に関して生前に何の取り決めもなかった場合にはそのままこの法定割合が適用されて遺産が継承されます。
      では、生前に亡くなった人が遺言書を遺していた場合にはどのようになるのでしょうか。



      この場合には、その遺言書の効力が認められた段階でその遺言書に書かれている通りの効果が発生することになるのです。


      遺言書が強力なところは、その内容に書かれたとおりの効果を発揮するため特定の人に対する一方的な財産の継承が出来る点にあります。一人に対して遺産を継承させることが出来るため、亡くなった人の意思を最も考慮した方法だと言えるのです。



      割合に関してどうしてもわからないところがあるときには、弁護士に確認を取ってもらうことができるため安心です。



  • 関連リンク